カフェプレイエルについて

11月の催し

営業日は金・土・日・月の週4日間です。
9/30(土),10/1(日),21(土)は臨時休業となります。

当店は長野県松本市の乗鞍、上高地を望む上高地線新島々駅となりにある小さなカフェ。店内には国内でも珍しい 約100年前の二台のアンティークピアノ(フランス製のプレイエルとエラール)、スピネットチェンバロ、リードオルガンが置かれ、時々コンサートを催しています。
これから山に向かう、もしくは、山から降りてきた皆さんが、名物の薬膳カレー、乗鞍、穂高の模様の入ったカップに名水を使い深く淹れた珈琲とケーキをゆっくりと味わっていただけば、旅の思い出は更に少しだけ温かくなることでしょう。


マウスが重なったら、その下の画像を切り替える

山の水を使い丁寧に入れた各種珈琲と紅茶。
1日8食限定のオリジナルケーキ『ヒロコプレイエル』。
体にやさしく食べやすい各種カレー。
どれも当店が自信をもっておすすめするメニューです。

  • Cafe Menupdf2017.4.14

    ブレンド珈琲 Kaffaカッファ 500円
    ブレンド珈琲 Old5オールドファイブ 550円
    ストレート珈琲各種 (モカマタリ ハワイコナ キリマン ブルマン他) 600円~
    アイス珈琲 550円
    カフェオレ/ココア 600円
    紅茶各種 (ダージリング アッサム ディンブラ アールグレイ他) 600円~
    緑茶(お菓子付き),地元りんごジュース 500円
    オリジナルケーキ(1日8個限定) 480円
    HandMadeクッキー 300円
    シュトレン(1年中食べられるXmasのドイツ菓子) 320円
    ソフトクリーム 380円

    ※詳しくはメニュー一覧をご覧ください。カフェメニューもお食事メニューもセットメニューがございます。

  • お食事・お土産Menupdf2017.4.14

    元気カレー(チキン・玉子) 1,100円
    なかよしカレー(地元しめじ と 小さいホタテ、やりいか) 1,100円
    ありがとうカレー(地元しめじ・ポーク) 1,150円
    海の幸しあわせカレー(大ほたて、パーナ貝、海老、イカ) 1,300円
    薬膳カレーのナンピザ 800円
    パンセット(サラダ、ヨーグルト、ドリンク付) 1,100円

大薬膳カレー

おいしい!健康志向! 「大薬膳®カレー」

●薬にも、食にもなる身体に良いものを選び、健やかな生活へと役立てる「薬食同源」にもとづいた、41種類スパイス・ハーブ入り「大薬膳®」カレー。「美味しい!」「ノンミート」「具なし」のサラサラ食感!
●本場インドの調理法に習い、おいしく健康志向!
●カレー料理のレパートリーが広がります。自家用のほか、おもてなしに、お土産に、ご贈答に、非常食、携帯食にも…!

品名 新島々の味~大薬膳上高地カレー~
価格(量) 520円(200g)
保存方法 直射日光を避け、常温で保存してください。
PR カフェプレイエルの美味しい薬膳・上高地カレー!
発送も承ります。お問い合わせください。
【お問い合わせ先】
TEL.0263-92-8158
10:30~16:00(火・水・木定休)
  • 日本ピアノ界の大御所 深澤亮子氏

  • 2015年 辻幹雄 2つのギター名器のコンサート

  • 2017年 渡辺しおり、中山博之 CD発売記念コンサート

  • 2004年 ウィーンのピアノの巨匠パウル・バドォラ・スコダ氏

  • 2012年 佐藤卓史ピアノ・リサイタル

  • 品川 聖 ヴィオラ・ダ・ガンバ コンサート

  • 2014年 渡邊孝スピネット・リサイタル

  • 2014年 久元祐子ピアノリサイタル

  • 2013年 村上 巌ピアノリサイタル

  • 2016年 川口成彦ピアノリサイタル

  • 2017年 菅野 潤ピアノリサイタル

運命的な出会いから、このアルプスの麓に辿り着いたプレイエル(1923年)とエラール(1909年)。
良き人々に弾かれ、聴いていただき、今もピアノが生き、育ち、美しい音を伝えています。 
  そして、名器スピネットチェンバロ(製作者 吉岡弘司 )や
古えのリードオルガン(1909年 明治42年)にも出会うことができます。
ご注意:普段はピアノを触ることはできません。ご了承ください。

  • エラール

    エラールErard 1909 in Paris
    No.95463

  • プレイエル

    プレイエルPleyel 1923 in Paris
    No.174215

  • スピネットチェンバロ

    スピネット チェンバロ2001 吉岡弘司製作

  • ヤマハオルガン

    ヤマハオルガン1909 / 10ストップ61鍵
    No.89955 型式12号

  1. コンサート開催情報※リンクのあるものはクリックしますと別ウィンドウでPDFが表示されます。

  2. 紹介資料

催しもの

現在の作家さん、写真家さんの展覧会や報告会などを開催しています。
ぜひ、ご高覧ください。

  1. 催しもの開催情報※リンクのあるものはクリックしますと別ウィンドウでPDFが表示されます。

加藤大道美術館

信州松本(旧安曇村)で生まれ、南宗画や版画を通して信州の風景や家族や子供たち
の生活を描き、右目失明のなかでも永井隆博士や相馬御風との親交の中で
創作活動を続けた版画家『加藤大道』の作品ギャラリーです。

  • 加藤大道かとうだいどうについて

    加藤大道について

    明治29年(1896年)、現・松本市安曇橋場に生まれる。本名・浅野健一郎。45(1912)年、加藤家の養子となる。大正7(1918)年、赤羽雪邦の内弟子とな る。14年、年季が明け号・雪深を授かる。昭和2(1927)年、大道と号する。8年、日本アルプス山岳芸術組合を組織。12年、木版画頒布会を組織。 16年、右目失明。32年、松本に移る。昭和40年(1965年)没する。

    『関連資料』2016.10.19更新

  • 原子野げんしのの花

    原子野の花

    長崎の原子爆弾で被爆した長崎医大の永井隆博士(1908-1951年)が、2度と花が咲くことはないと思われた長崎の大地にふたたび息づいた生命や子供の様子を絵にし、遠く安曇村の大道が版画にしたもので、その作品は永井の手により広く知られることとなった。 50作品を目指しながらも、志半ばで永井がこの世を去り13作品が残った。
    その永井隆(原画)、加藤大道(彫)の共作「原子野の花」が常設展示されている。又大道から永井に贈られた同じ「原子野の花」は現在、長崎市永井隆記念館に所蔵されている。

    『関連資料』2016.10.19更新
    『長崎の鐘 平和コンサート資料』2015.10.24更新
    『南天の花~永井隆 心のうた~資料』2017.08.20更新

  • 幻の『童心帖どうしんちょう』の発見

    幻の『童心帖』の発見

    文芸評論家で明治大正期の詩人、相馬御風(ぎょふう)の童謡に加藤大道が版画をつけ『童心帖』と題して出版する計画があったものの、御風の死で6作彫って打ち切りになっていたことが判明。
    作品は『春がゆく』、『雪の足あと』、『雪だるま』、『歌すき鳥』、『月のうさぎ』、『月夜』の6作品を常設展示。世に出ることのなかった、幻の『童心帖』。6つの版画挿絵にあたる相馬御風作の童謡詩を探し出し、資料にしてあります。

    『関連資料』2013.10.20更新

版画荘二代記

郷土出版社 定価1680円
北アルプスの麓の旧安曇村(現 松本市安曇)に生まれ、美しき自然と山 国の子供たち、ふるさとの山々・・・上高地、槍ヶ岳、穂高、乗鞍岳・・・の版画を彫りつづけた 加藤大道(1896~1965年)。

“版画荘二代記~清貧の芸術家・加藤大道父子の軌跡~”は、加藤大道の生い立ちから、その全貌知ることができる詳細な案内書です。

2005年 郷土出版社から 神津良子著 埋もれた歴史・検証シリ-ズの6巻目として刊行されました。二代目 加藤大道である加藤重治氏の承諾を得て、2003年に“加藤大道美術館”の名を戴いた ギャラリーやましろ所蔵展示作品も多く掲載されています。 また、古畑博子の寄稿エッセイ「ミニミニ美術館と加藤大道」は、次の事柄からカフェプレイエル&ギャラリーやましろ (加藤大道美術館) の理念をお伝えしています。
  私のミニミニ美術館/永井隆共作「原子野の花」をめぐって/相馬御風共作「幻の童心帖」の発掘/自然と童心の版画家

加藤大道の版画

信州の山奥の村にどっかり腰を据えて、独特な味を持つ版画に生命を打ち込んでいる加藤大道の版画を、私は機会あるたびに見た。山国の自然の美しさ、純真でしかも詩味豊かな山国のこどもの生活、素朴なうちに限りない情緒を蔵した山村の風物が澄んだ美しい色彩と力強く且つ柔か味のある線とで、いみじくも描き出されている。
広重の風景版画に野趣を加えたと言いたいほどの特色の外に、汲み尽くせないほどの童心の泉と山村の果汁とが蔵されている。このような日本独特の芸術の郷土性はおそらくいかなる国の人々にも愛されるだろう。私はこの謙虚な、しかも自信に充ちた辺土土着の老芸術家の心情に大いに打たれるところがあった。かくもつつましく生きつつ黙々として独りいそしみ、いささかたりとも、日本の生活に『美』を加えてゆくことに限りなき歓びの日々を山奥にかくれて送りつつあるこの様な人の生活は、私に懐かしさを覚えさせるのであった。

 相馬御風(糸魚川にて)

ヒロコママの徒然

カフェプレイエルのオーナーによるエッセーをご紹介しています。

  1. ※リンクのあるものはクリックしますと別ウィンドウでPDFが表示されます。

  2. 絵本
    「ピアニストの兵隊さん」

    ピアニストの兵隊さん
    ピアニストの兵隊さん

    • 郷土出版刊(野中秀司・絵)
      カフェのオーナー古畑博子が戦争末期、新任教師となった母親の実話を絵本にまとめ、郷土出版社から発表致しました。敵だった米兵の弾くピアノを聞き、皆で歌い、敵も味方も憎しみ超える音楽の力を語り、静かに平和を伝える絵本です。

      「兵なれば
      ピアノ弾く手に銃を持つ
      敵も身方も憐れ戦は」

      『関連資料』2015.4.11更新
      《2017年8月29日(火)
      テレビ信州番組で放映されました》

      報道ゲンバ Face「特集」シリーズ
      戦後70+2
      ピアニストの兵隊さん
      “母の記憶”を絵本に

      『関連資料』2017.10.13更新

アクセス・地図・リンク

〒390-1401 長野県松本市波田上赤松3058-5
TEL.0263-92-8158
10:30~16:00 (火・水・木定休) 交通 松本電鉄上高地線・新島々駅となり
駐車場 有(8台まで)
松本電鉄時刻表  http://www.alpico.co.jp/access/rail/




  1. リンク※順不同敬称略

pagetop